読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犯人が残した手記

 安楽椅子犯人の企画あれこれ。『小此木鶯太郎の事件簿』など。

誤字、脱字ならびにミスの修正のまとめ

 誤字、脱字の修正について

 

 

 申し訳ありません。

 『可視と不可視の幻想』にいくつか、誤字、脱字がありました。

 

 それらは2月上旬から中旬にかけて、アップデートという形を取らせていただきました。ですが、Kindleでは特別なことがない限り、アップデートは手動で行わなければなりません。(自動的にアップデートするよう、設定を変えている場合は大丈夫です)

 

 手動で行う場合、「コンテンツと端末の管理」から「小此木鶯太郎の事件簿 可視と不可視の幻想」を探し、アップデートを選択して下さい。誤字情報などが訂正されます。

 

 どこがどうアップデートされたのかですが、以下、そのリストを掲載させていただきます。

  

 

  01 訪問 

 

 誤 : 白河静馬を殺してってくる。

 正 : 白河静馬を殺してってくる。

 

 

  02 訪問 

 

 誤 : いつしか迫ってきた白河の唇を押し留めるようにしていだ

 正 : いつしか迫ってきた白河の唇を押し留めるようにしてふさいだ

  

 

  11 情報

 

 誤 : だが、聞いてもまず答えてこたえてくれない。
 正 : だが、聞いてもまず答えてくれない。

 

 誤 : 「その客が犯人を殺そうとしたのと同じく、白河静馬が客を殺そうとした可能性はありえませんか?」

 正 : 「その客が白河静馬を殺そうとしたのと同じく、白河静馬も客を殺そうとしていた、という可能性はありえませんか?」

 

 

  14 珈琲

 誤 : この状況を犯人の立場から総合的に見ると、良いことではあるのだろう。

 正 : この状況を犯人の立場から総合的に見ると、良いことではあるのだろう。

  

 

  18 指摘

 

 誤 : 18 指南

 正 : 18 指摘

 

 

 誤 : この刑事を舐めると痛い目に会う
 正 : この刑事を舐めると痛い目に遭う

 

 誤 : 昨日

 正 : (昨日はすべて取る)

  

 「昨日」という言葉を削りきれていませんでした。ロングバージョン(犯人追い詰めのシナリオが2日に渡るバージョン)のなごりです。何かしらの叙述トリックを疑われた方、申し訳ありません。 

 

  19 検証

 

 誤 : 同じ本好きで、同じ職業で、毎年使う宿と山荘近かったという程度の関係ですから

 正 : 同じ本好きで、同じ職業で、毎年使う宿と山荘近かったという程度の関係ですから

 

 誤 : 食事の時間全員旅館内の土産物屋などで目撃されており、全員アリバイが確認できています。

 正 : 食事の時間には旅館内の土産物屋などで目撃されており、全員アリバイが確認できています。

 

  20 温泉

 

 誤 : 夕食上がりに入っても、何の問題はない──、そう考えたのだ。

 正 : 今温泉に向かっても、何の問題はない──、そう考えたのだ。

 

 → この箇所、何が誤字か説明が難しいのですが、夕食上がりを厳密に考えると、小此木鶯太郎ならびに警察が温泉を調べる時間がなくなってしまう可能性があります。この後の描写の通り、警察関係者が温泉を調べ、その後で沙柳が温泉に入ったという順番になりますので、念のため、「夕食上がり」ではなく「今」に変更しました。

 

 

 誤 : 幸い脱衣所にいるのは沙柳一人。

 正 : 幸い脱衣所にいるのは沙柳一人。

 

 

 その他修正、追記箇所

 

 上記の誤字脱字以外にも、文章を追記したり、表現を変更した箇所がございます。

 ですが、そこらは誤字ではなく、より分かりやすい表現のためのものです。

 

 これら修正部分、ならびに本編以外に追加したもの(例えば、ハイライト機能に関する追記)については、修正ならびに追加箇所のリストアップを省略させていただきます。ご了承くださいませ。